タイの籠

a0261026_00575967.jpg

タイにはたくさんの籠があります。

溜息のつくような籠から日常使いの籠まで。


気がついたら籠がたくさん集まってきました。

一度にはご紹介できませんがいろいろとご紹介できたらよいなっと思いました。

まずは日常の籠。


上の籠は花籠。

私は玄関専用のエッセンシャルオイル入れにしてあります。


タイにはお米を運んでいた籠などから

いろいろな籠があり

もち米をいれる小さな籠も可愛いものがあります。


a0261026_01054035.jpg


上の籠、仕事途中の書類などをしまってある籠。

丁寧にあまれてあります。




a0261026_01110594.jpg
この籠、二つ、薬箱にしてあります。

安い籠です。

ニスが虫食い防止なのか縫ってあります。

あまりテカテカしないものを選んで。



a0261026_01142411.jpg
ゴチャゴチャと出してあるものをまとめてしまって。

タイの普通の家にある昔からある籠。


a0261026_01172698.jpg

とっても丁寧に編んである籠。

美しい。


a0261026_01194195.jpg
これは小さな小さな籠。

小さな木彫りのマンゴーも。


いったい、家にはいくつくらいの籠があるのだろうか?

ありすぎてまだ数えられていません。

もう欲しい籠は、丁寧な作りのものが欲しくなり

時間も手間がかかるような美しい籠たちがほしいです。


どんどん作り手の方もいなくなり

なくなっていってしまうのではないかな~と思います。

丁寧に引き継がれていってほしいです。






[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-28 01:31 | タイの籠 | Comments(0)

男と女

8月は頭痛がひどい時が多くて家仕事をたくさんしました。

月の半分は酷い頭痛で寝込んでしまった8月。

そーゆうお年頃と、うまく付き合っていかなければ。



月曜日は家仕事、ぎっしりと。

そのうちキィ~となってきたのでこんな懐かしい映画観て

クロード・ルルーシュ監督の「男と女」

ぽ~っと*


a0261026_01310543.jpg


アヌーク・エーメの大人の女の美しさ。

昼からぽーっとしてまた仕事、仕事^^

アヌーク・エーメ、黒のタートルをこんなかっこよく着こなせるなんて本当にカッコいい。

とかひとりぶつぶつ。




a0261026_01450637.jpg



その後、タルコフスキーの「ノスタルジア」が突然、久しぶりに観たくなったけれど

先にしなければならないことをやり次回にすることに♪



友人が教えてくれた福山雅治さんの魂リクのカバー曲集聴いて仕事バンバンと♪




仕事を終えた自分へのお楽しみは

庭の一角の芝生をガシガシと引っこ抜いて土を耕しました。

ガーデナーのフィリピンのお兄さん、驚くかもしれないなと思いながら

大きな石で囲いも作り、満足♪

何のタネを蒔いたかはまた読んでくださいね。



今日のランチはランチームの女子の方たちと♪

本当にお久しぶりで嬉しかった。

みなさん、ガンガンとレースで活躍するのをFBで読んでいたけれど

もうガンガン走りもすごいけど、世界を駐在してきたマダムたちの話はおかしく

Eriさんのカラチ命がけの走り?の話にはさすがっとなんだか嬉しくなったり

私も久しぶりにレースに出たくなったなーと思いながら

これまたかっちょいい皆さまでした。



明日、日付けが変わったけれど水曜日も忙しい1日になりそうですが

お昼は大好きな可愛い女子とお久しぶりデート♡

うふっ!楽しみです。

また、なんだか子どもの夏休み日記のようになりましたが。



あなたの1日も素敵な日でありますように♡




[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-27 02:37 | 映画 | Comments(0)

カタログも♪


a0261026_17051488.jpg


カタログも撮影しました。

このワンピースは『海の向こう』

最近きれいな色を着たくなり

お客様にもきれいなお色を着ていただきたいなと思い、

秋冬ですがきれいな色もお作りしています。



天然生活の10月号で京子さんが着てくださっているターコイズブルーのアサガオ。

ロイヤルブルーも完売してしまいました。

たくさん作っていないのでごめんなさい。

また納品いたしますのでよかったら見ていただけたら嬉しいです。



京子さんの着こなし、黒xターコイズブルー素敵でした。

タイツやレギンス合わせてこれから秋に着ていただける組み合わせです。


京子さんは春にはフワリの落ち着いた色のキキドレスの下にも

アサガオのターコイズブルーのパンツをはいていて素敵でした。


上の写真のバックは「はおりもの展」でのお洋服をお買い上げくださったお客様のノベルティです。

普段のエコバックにも使っていただけるように少し大き目に作ってあります。

数に限りがありますのでなくなり次第終了になります。




a0261026_02293645.jpg

新しいタグはタイダム族です。

可愛いのです。

竹を使ってあるのでお洋服には付けるというより

おうちやバックに飾っていただく感じです。

下の3つついているタイプをタイダム族にお願いしています。

色もいろいろあります。

はおりもの展で!楽しみにしていてくださいね。



最後はオフショット!

カタログ撮影は今回もTOYBOXさんで。


Asobi&Coのお友達のashimoさんもお手伝いしてくれました。

二コラボのななえさんとMちゃんも*

二コラボさんとも別に素敵な仕事させていただいています。

またご紹介させていただきま~す♡


Asobi&CoそしてPorちゃん、ありがとう♪



a0261026_18060245.jpg






[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-26 17:02 | fu*wariのこと | Comments(0)


a0261026_18032425.jpg



はじめてタイのフォトグラファーさんと仕事しました。

まだ独立したばかりのAsobi&CoのPorちゃん、マコさんの親友だそう♪

とってもスィートな方でカッコいい写真を撮ってくれました。




a0261026_18095327.jpg
左からmacoさん、Porちゃん、私



a0261026_18101825.jpg
Porちゃんとアシスタントをしてくださったお友達。
Asobi&Co*

撮影終了直後、すごいスコールになりました。


a0261026_02563282.jpg


私はモデルまでさせていただきました。

今回のモデルは厚かましくも私です・・・・

フライヤーのハガキはmacoさんに修正してくれ~などと頼みましたが・・・

普段、ほとんどお化粧しないので撮影用に塗り塗りして違和感・・・笑




a0261026_02412257.jpg
ヘアーメイクもタイチームです♪


a0261026_02452144.jpg
最初のロケのあと休憩中。





今まで可愛いAyanoの写真でしたが、今回は男前でいかせていただきます^^;汗

可愛くなりようがないので~!

眼鏡まではずしたり、モデルさんって難しい。

撮影の日は暑い日でした。

ポーズ、手ひとつとってもできず、一日がかりの撮影。

Porちゃんありがとう。

本当に素敵なの出来上がってきました。

チームフワリ、マコさん、いつもありがとうございます。

そしてAsobi&CoのPorちゃんとお友達、本当にありがとうございました。



a0261026_19531541.jpg




さて、秋に向けて、風をまといスキップしながら

楽しいことたくさんしていきます♪

TokyoでBangkokでみなさまにお会いできたら嬉しいです。

納品しましたイコッカさんの京子さんが「天然生活」着てくださっているお色のアサガオ、
完売いたしました。追加で納品いたしますのでお待ちいただけましたら嬉しいです<(_ _)>



Asobi&coのFB→Asobi&Co





[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-25 20:01 | 繋がり | Comments(7)


a0261026_14483645.jpg



チェンマイのラン友のKawaiさんがとっても素敵な言葉をくださった☆

「マラソンは終わりのない大人の遊び」だと。


何度も走っては頭痛がひどくなり自分に呆れはて走れなくなり

また走るの繰り返し。

今月の半分近くは頭痛に悩まされただろう。

走ることをだんだんあきらめモードにいた私にKawaiさんの思いのある言葉。


私はしっかりとその言葉を胸に深く刻み込んで焦ることもあきらめることもやめた。




走って走って、また走って、走りこんで、やっと人並みか人並み以下の私。

走らなければ、どんどん走れなくなるから

嫌になって、さらに走らなくなってきたところへ7月の師匠の来タイ。


骨折していた師匠は足の痛みを抱えて、パタヤマラソンのハーフへ。

師匠から伺った話ではゆっくりとマラソンを楽しみ、

タイへ来る飛行機の中でお喋りした某航空会社のCAさんを発見し

写真を撮ったりしながらの本当にファンランを楽しまれたようだった。


パタヤマラソンの翌日、お会いした時には師匠は痛みのために足を引きずり

ゆっくりとゆっくりと歩いていた。

「今朝は走ってきていないですよね」の質問に答えはもちらん

「走ってきましたよ~」のやはり師匠!!


お帰りになってもフェイスブックを読ませていただいていると

師匠は痛みのため走れないけれど、休むという言葉は師匠の辞書にないかのように歩かれ

また走りはじめているだろう。

マラソンとともに生きてこられたような師匠。

たくさんの記録を持ち、在タイ中はトロフィの数々。

だけど、師匠を見ていたら、走れない時の今のマラソンの楽しみを方を身を持って教えてくださっている。


私にもゆっくりでも走り続けたほうがいいと一言は仰っても

走れ走れ~とも言わない!


身を持って続けてゆくことの楽しさと喜びを教えてくださっている師匠に感謝。

自分に負けて走ることをあきらめがちな自分に、師匠の姿は

Kawaiさんが仰った「マラソンは終わりのない大人の遊び」のことばが重なり合う。


季節がめぐってゆくように、人の一生にも季節がある。

いろんな時があるよね。

年を重ねてゆくことが美しく輝くこともあるけれど、その逆に取り去ってゆかれることもある。

だけどね、師匠が身を持って教えてくれた、その時、その時を

100パーセント楽しんでゆくことの素敵さ。


あきらめず、丁寧に、楽しんでいくことの素敵さを教えてくれる師匠に

ラン友にマラソンを通して出逢えたことに感謝していこう♡


喜びと感謝を数えていきたい。


ねっ、泣き顔はやがて、笑い顔に。

暗い闇は必ず愛と感謝に変わる。



あなたが今日もHappyでありますように☆











[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-24 15:19 | 走ること | Comments(0)

青の青


a0261026_17232538.jpg
アサガオ、夏の花。

青い色が好きだ

海の色

空の色

藍の色

水の色

花の青

青い鉱物


「日本の色辞典」を見るとたくさんの青の名前がある。


青という色名は藍から緑へと大きなうねりをもって人間に見つめられ続けてきた。
青は、人間が自然とともに生きていくなかでもっともなじみやすい色であるがゆえに
そのさまざまな色をあらわして身近におきたいと人々が願うのは至極当然である。
                   
                           「日本の色辞典」吉岡幸雄




クローゼットの中は白、白、白、きなり、青が並ぶ。

青、青、青、青、



ただいま、逃避中。

やることたくさんありすぎて

今日はおうちにて仕事。


あたまのなかがいろいろ。

とっても素敵なことがありすぎて自分でも整理するので必死。




突然、ヒールの靴が履きたくなり

かかとを直しにいかなくてはとシャネルとルブダンの靴を出す。

道の悪いバンコク、ヒールがすぐにダメになり放置してた。

ヒールの靴なんて履いたのもいつだか忘れるくらいだけれど^^

その靴を履くために急にきれいなスカートが欲しくなり絵を描く。

黒と紺、きれいめなスカートを作ろう。



カンボジアとただ電話で仕事の話。

まるで隣に電話するみたいに(笑)

話しながら背筋がシャンとする。

この話は丁寧に書きたいから、またあとで。




途中、大雨が降り

なんだかネットでビックリするようなものを偶然見て

もっともっともっともっともっと驚くかと思ったのに

全然驚かなくてそんな自分に驚いた。



なにかが終わってゆく昼下がり。




さぁてと仕事に戻ろう。

短い言葉でフワリのことをまとめ中。


しかし、仕事溜まりすぎ~~。



a0261026_17242789.jpg





[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-22 18:45 | ひとりごと | Comments(0)

天然生活


a0261026_13024615.jpg

8月20日発売の10月号の天然生活に

恵比寿のイコッカの京子さんがフワリのアサガオのパンツを履いて

紙面にでてくださっています。

ぜひ見ていただけたら嬉しいです。



天然生活で京子さんが着てくださった色に似たブルーと

もう少し青い色のアサガオのパンツを

イコッカさんへお送りいたしました。

到着したらイコッカさんでお知らせしてくださると思います。

ありがとうございます、お送りしたターコイズブルー完売しました。
追加で納品いたしますのでお待ちいただけたら嬉しいです。


紙面の秋のコーディネイトとっても素敵でした。

黒x鮮やかなブルー。

靴も素敵でした。


靴がいつも素敵なので展示でご一緒する時の京子さんの服と靴は楽しみです。



4月、5月の日本の展示で、アサガオのパンツは一番最初のイコッカさんの展示で

ほぼ完売してしまいあまり見ていただけなかったのですが

今、履いてくださっている方も気持ちがよいからと

たくさんリクエストをいただいているので秋のはおりもの展で

秋らしいものも一緒にお持ちします。

秋になってもパンツの名前はアサガオです。



「アサガオ」の名前の由来は

大好きなジョージア・オキーフのアサガオの絵から。

彼女のアサガオの開いた感じと花の色から

インスピレーションをいただいたパンツです。



a0261026_13290025.jpg




大好きなイコッカの京子さんにまたまた大好きな天然生活に

フワリの服を着て掲載していただけるなんて嬉しかったな。



今、発売中の大人のおしゃれ手帳にも京子さん

新しいリネンローブを着てでてくださっています。


来月の展示で並びます。


新しい服たち、またブログで紹介してゆきますから

お時間がある時覗いてくださいね。





[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-21 13:41 | fu*wariのこと | Comments(4)

ひとつひとつの名前


a0261026_12004978.jpg


少しずつ秋の服が出来上がってきています。

新しい洋服ができてくると一番最初に名前を考えます。

サンプルで着ているときにエピソードがあればそれが名前になったり

時々はエピソードも内緒だったりも^^


物語のタイトルのように名前をつけていきます。

新しい服たちにも名前をつけました。

新しいカタログも秋の展示会でお渡しができるように準備しています。

フライヤーもそろそろです。

「私が買った服の名前は何ですか?」って聞いてくださる方もいらして

まだついていない服たちにも今、名前をつけています。



恵比寿のイコッカさんの展示の時にきれいな青のパンツ「アサガオ」完売していましたが

今日、発送いたします。

とっても履きやすいパンツ。

涼しくなったらレギンスやタイツと合わせて

履いていただけたら嬉しいです。

日本でイコッカさんで見せていただいた木星社さんのレギンス。

とっても気持ちよくって、合わせて履いたらよいなーって

サンプルを眺めていました。

秋のはおりもの展には一緒に見れたら嬉しいな。

今日、発送するお色は2色です。


ぜひ手に取っていただけたら嬉しいです。




a0261026_12244986.jpg







[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-19 12:29 | fu*wariのこと | Comments(0)

夏の終わりに


a0261026_18373396.jpg



いつもフワリの展示会でご一緒させていただいている

ancient timeの原田氏が自由が丘のラピカさんで展示をされるそうです。

「夏の終わりに  いにしえの時に想いを馳せて」

うわっ ロマンチック☆


cosmic art Hilo & ancient time

絵とアクセサリーのコラボ。

どんな世界が繰り広げられるのでしょうか。



ancient timeのアクセサリーたち。

長い時を経て時の止まったビーズたちが

ふたたび原田氏の手によって命を吹き込まれ眠りから覚め

静かにあなたの腕で

胸元で

耳元で

指先で

そっと輝きだします。




上の写真は展示のフライヤー

私はこの写真を見た時

イタリア、イギリス合作のフランシスコの半生を描いた映画

「ブラザーサン シスタームーン」の映画を思い出しました。

お月さまだったからかな。



a0261026_22592919.jpg


「Fratello sole sorella luna」

久しぶりに観たくなりました。




a0261026_00033171.jpg
一番上の写真と最後の写真は原田氏からお借りしました。


日時 8/28(木)〜9/8(月) 11:00~19:00
      定休日、火・水曜(最終日は17:00まで)
場所 自由が丘 アート&ボディ ラピカ

詳細はこちらを
ancient timeのHPhttp://ancient-times.biz/
ラピカhttp://lapica.exblog.jp/






[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-18 23:36 | 繋がり | Comments(0)

大いなる沈黙へ


a0261026_1465080.jpg



静けさのなかに 聴こえてくる

ふりそそぐ光の音 ふりしきる雪の音



先日の日本滞在中、観たかった映画に行った。

5月に日本でいただいて帰ってきた一枚の映画の案内。

シスターにいただいたのはフランスアルプス山脈に建つ厳しい戒律で知られる

男子修道会カルトジオ会のグランド・シャルトルーズ修道院の

ドキュメンタリー映画「大いなる沈黙へ」の案内だった。



a0261026_01594972.jpg


音がないからこそ、聴こえてくるものがある。

言葉がないからこそ、見えてくるものがある。



祈りを捧げ、一生を清貧のうちに生きる。

沈黙のなかに、会話は日曜の昼食後の散歩の時間だけだ。

隔絶され孤独のうちに何世紀も変わらない決められた生活を送るブラザーたちの日常。



映画も修道会の約束に従い、聖歌以外には音楽も、ナレーションもなく

照明も使わない、自然光だけのあるがままの修道院の時。


美しい映像とともに、何よりも心に残ったのは

ブラザーたちの美しい顔だった。

究極の喜びを知っている人の美しい顔。


沈黙のうちに

祈りのうちに

神とともに生きる喜びを知った、究極の喜びを知っている顔。



映画に何度もでてきたエレミヤのみ言葉。


2時間49分の映画になぜか懐かしい気持ちが溢れ不思議な気がした。


映画を観ながら

調布のカルメル会の修練長さまを訪ねた日を思い出していた。

修道院の受付にいらしたシスターの美しい顔を思い出した。


沈黙のうちに生き、祈りのうちに生きる。


誰にも取りさることのできない喜び。

内から深いところからくる喜びを知っている人だけが持つ優雅さ。



冬から春へとゆるやかにめぐりゆく季節を

繰り返される祈りと努めを

空のうつろいを

大いなる時が映画になった。




静寂とともに時間が流れてきた映画の最後に

盲目のブラザーが話される。

「何が起ころうとも、心配することは何もないんだよ、
 起こることはすべて、わたしたちの幸せのためなんだ・・・・」



もう一度観たい映画・・・




8月22日(金曜日)まで
岩波ホール。






[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-17 07:45 | 映画 | Comments(0)