a0261026_15375637.jpg

下から上ってワットプーの本殿へ。

階段は結構、大変でした。




↑上から見た景色です。

本殿へ。


a0261026_15350763.jpg


a0261026_15361262.jpg

祠堂の北側に残る仏像。

今でもラオスの人たちの信仰の対象になっているそうです。



a0261026_15331443.jpg



a0261026_15343397.jpg

本殿のヒンドゥー教の神々たちの姿が。


a0261026_15334270.jpg


3つの頭がある象に乗るインドラ神


a0261026_15521128.jpg



a0261026_15513440.jpg



a0261026_15510030.jpg


祠堂入口側壁の天女像。

当時の女性を豊かに表現しているそうだ。


a0261026_15563571.jpg

自然石に刻まれたヒンドゥー教3大神。

左から、ブラフマー

シバ

ビシュヌ

と並んでいる。


ヒンドゥー教の神々さまに捧げるインドダンスをシンガポールに住んでいる時に

習っていたことがあるせいかインドの神々さまは好き。



a0261026_15385043.jpg

本殿奥には聖泉があり

地元の子どもたちがペットボトルにお水をいれていた。


a0261026_15370429.jpg

ワットプー。

ゆっくりまわって2時間ほど。

なんだか遠いところまで来たなーという気持ちがしました。

ちょうど旧暦新年。

リンガの山(シバ神の象徴)

破壊と創造の神シバに手を合わせ

新しいはじまりを祈ったのでした。


ラオス旅続きます。


a0261026_15425624.jpg


[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-27 16:14 | | Comments(0)

春夏の服

a0261026_14025659.jpg


「月のぬくもり」

パンツです。


a0261026_14004031.jpg
藍染めのパッチワークのバック。

丁寧に作られています。

これだけの藍染の端切れ集めるのも大変だから

もう作れないーって言われました。

イコッカさんにお持ちます。


a0261026_14080459.jpg

「アムリタ」

このブラウスも新しいターコイズやきれいなピンクも!

着るときれいな形です。


a0261026_14121833.jpg


今、新しい服がたくさん出来上がってきています。

タイのことなので日時が数日遅れることもありますが

これは想定内。

まだ少し時間があるので余裕?


元気になってやることもたくさんあり

人に会ったりすることも多くなって

まきまき状態。


妹も来てただいま旅の計画中。

行きたかったラオス北部へ計画。

ラオスが好き♡


3月には可愛い旅する女子がオーストラリアからタイ入りして

会う約束を♪


遊びも仕事も楽しく進めてまいります!






[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-26 14:32 | fu*wariの服 | Comments(0)

fuwariの春夏

a0261026_11205383.jpg

イコッカの京子さんが着てくださっている新しいゆったりパンツ。

アサガオのパンツよりボリュームがあるので

少しカジュアルな感じもするでしょうか?


京子さん、お父様との沖縄旅行で着てくださって

京子さんのお父様が写真を撮ってくださったそうです。



a0261026_11221926.jpg

沖縄の海、きれいですね。

私は南の海はいろいろ行っているのですが

日本の旅行は少ないので

日本の旅もいろいろ行ってみたいと思います。


旅行にも便利なパンツです。

ボリュームがない方が好きという方は

アサガオのパンツがよいかもしれませんね。

下の写真はアサガオです♪


a0261026_11352682.jpg



[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-25 11:36 | fu*wariの服 | Comments(0)

3度目の春を迎えます

a0261026_12502751.jpg

フワリとして動きだして2年。

たくさんの方に助けられて

アトリエフワリは3度目の春を迎えます。



体調壊して、元気も出なかった約2カ月半。

寝たきりになり、へこみました。


この時間があったからこそ

たくさんのありがとうを心の中に持てることができました。



女性は年齢とともに身体も変化してゆくので

そんな時を迎えて考えることもたくさんでした。


だけど、だからこそ

スカートの裾フワリと

スキップしていきたいと思ったのでした。



フワリのお客さまにたくさん助けられてきました。

いろんな場面でご報告や近況などメッセージいただいて

幸せものです。


私もフワリのお客さまの幸せ

たくさん祈り願っています♡



フワリを育て助け続けてくれているイコッカの店主京子さんにも感謝しながら

フワリを続けていくこと、

胸の高鳴るような服を作り続けてゆくことが

今の私が皆さんにできる恩返しだと思っています。



移動や変化の時

たくさんの方にメールをいただき

このメッセージを書きたくなりました。

バンコクのお客さまはずいぶんとご帰国になるご連絡をいただき

寂しくなるなーと思っていますが

次は日本でお会いできるの楽しみにしています♡



写真はフォトグラファーChisatoさんの切り取り。

Chisatoさんが帰国になるので日本でも撮影できる楽しみも増えました~♡



a0261026_13485704.jpg





[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-24 13:50 | fu*wariのこと | Comments(0)

fuwari shooting春夏

a0261026_23104248.jpg


素敵な写真を撮ってくれるフォトグラファーのChisatoさんに

お願いしてタイでフワリを着ていただいている方の

写真を撮っていただくことになりました。


Chisatoさんは日本に帰国が決まってしまいとても寂しいのですが

帰る前に最後にfuwari shooting♡

上の写真もChisatoさんが撮ってくれました。

Chisatoさんの写真素敵です。


また写真楽しみにしていてください。






[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-23 23:28 | fu*wariのこと | Comments(0)

世界遺産のワットプーへ行ってきました。

中国正月でビエンチャンへのチケットは取れず、それならばと

タイの東北、ウボンラチャタニーに飛び

そこから国際バスで4時間ラオスの南パクセーの町へ。


パクセーで泊まる人たちもいるようでしたが

そのままチャムパーサックの町へ移動してしまいました。


チャムパーサックは小さな町でした。


パクセーからソンテオを借り切ってチャムパサークまで

そして、ワットプーの遺跡公園やお寺などを観光をしました。



a0261026_22142187.jpg



ワットプーは聖なる山リンガパルパータ(リンガの山)の山麓に

築かれたヒンドゥー教の寺院。

ワットプーは全体が山麓部、中間部、山腹部の3つで構成されています。



a0261026_21543143.jpg

入口からは平坦な道ですが

中間部からは急な斜面や階段を上ってゆきます。

この日は曇っていたので少し楽でした。

日陰がないからよいお天気だったら暑くて大変かもしれません。



a0261026_21534283.jpg

公園に入り本殿方向へと山麓部は

聖池、参道と。

参道の石灯籠は修復作業によって復元されたものだそうです。


a0261026_22220107.jpg

参道を挟んで向き合うように立つ宮殿。

修復中でした。


a0261026_22213479.jpg



a0261026_22294275.jpg



石段上がって中間部へと。

守門像が立っています。



a0261026_01403105.jpg



ここでも山腹部でもお供えのお花やお線香も買えます。



a0261026_01491848.jpg


a0261026_01424364.jpg



横たわる守門像。



a0261026_01532466.jpg



中間部からずっと両脇にはプルメリアの花が咲いています。

葉は一枚もついてない木がほとんどで

遠くからみたら何の花だろうと思いました。



a0261026_01541078.jpg

花の香りがよい香りです。

両脇にはずっとプルメリアが咲いています。

プルメリア、ラオス語でチャンパーです。

ラオスの国花だそうです。


a0261026_01442589.jpg
どんどんと上って

山腹部ワットプーの本殿へと。



つづく





[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-23 02:12 | | Comments(0)

ラオス旅@旅の服

a0261026_22583689.jpg


ラオス最南部、チャムバセークへ。

世界遺産であるワットプーに訪れました。

ちょっとハードな旅。

短い時間でもいろいろと行けることがわかり

いろんなところへまた行こうと思ってます。

詳しい旅話しはまた明日書きます。




写真はワットプーでの私。

リスパンツに新作のブラウスです。

リスパンツはフワリではありませんが

はきやすいので山の人にお願いしてあり

少しイコッカさんにお持ちする予定です。

リスパンツ可愛いです。


旅に便利なパンツも新作に♪

下の写真はメコン川。

ラオスの時間と同じようにゆっくり流れていました。


a0261026_22583698.jpg

[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-20 22:40 | fu*wariの服 | Comments(2)

a0261026_02182196.jpg


朝の早朝の便でラオスの南、パクセーへ。

目的はラオスで2番目の世界遺産に登録されたワットプ―遺跡に。

写真は前回行ったルアンパパーンです。


a0261026_02240240.jpg


ラオスの中でもルアンパバーンは特別。

街並みも可愛くて。

山間でアクセスが不便なことが幸いして

フランスの植民地時代の面影やラーンサーン王国の面影が

色濃く残っているのがルアンパバーン。



a0261026_02262617.jpg

食べ物も美味しかったし

ゆっくりな時間が流れもっとゆっくりしたいなーと思ったほどでした。



a0261026_02224179.jpg


この時のラオスは

何かのお祭り前でした。

お寺で作業しているお坊さんたちをたくさん見ました。



a0261026_02244585.jpg

お坊さんたちが作っています。


a0261026_02333729.jpg


a0261026_02355869.jpg
そして

ラオス全土で一番大きいのがルアンパバーンの朝の托鉢。



a0261026_02285522.jpg



1時間以上お坊さんたちの托鉢の列は続きます。



a0261026_02293016.jpg


私もタンブンさせていただきました。



a0261026_02302414.jpg


真ん中にいるのがワタシ(^-^)

ちゃんとラオスの女性が正装するときに

肩からかけるパーピアンをお借りしてかけています。



a0261026_02300962.jpg



街並みが雰囲気がある。

でもやっぱりルアンパバーンから

1時間も離れると普通にアジアの田舎です。



a0261026_02485867.jpg



a0261026_02500061.jpg




a0261026_02504444.jpg


ルアンパバーンでの写真のご紹介でした。


今日はラオスの最南部チャムパーサックへ行きます。

世界遺産に登録されたワットブー遺跡。

クメール時代の大遺跡。

ワットプ―の神々たち。


またしっかり報告します。








[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-19 06:01 | | Comments(0)

ゆったりパンツ

a0261026_18442974.jpg
写真は新しいゆったりパンツの濃紺。

ブラウスは定番のもの。

バックはまたいろいろとご紹介していきます。

古い布で作ってもらったもの。

この柄、全部チクチクです♡

この手仕事を思うとためいきがつきます。


古い布バックですが状態はとてもよいです♪

ほとんど1点ものばかりです。

恵比寿のイコッカさんへお持ちするもの。

いろいろと1点ものの素敵なバックがみつかって私も嬉しく

お客さまにも見ていただくのが楽しみです。

楽しみにしていてください。


a0261026_18380662.jpg


これも新しいゆったりパンツ。

アサガオのパンツよりもう少しボリュームがあります。

ブラウスは定番のもの。

重ね着にも使えるブラウスです。


a0261026_18384818.jpg

アサガオのパンツは今年はきれいな色をいろいろ。

レッド、ピンク、グリーン、オレンジ、イエロー、ターコイズブルー

エメラルドグリーン、ロイヤルブルー、グレイ、ブラック、紺など

いろいろなお色で作っています。




またお洋服は日本から妹が遊びに来るので

いろいろと写真撮っていきたいと思います。









[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-19 00:08 | fu*wariの服 | Comments(0)

1年に3度のお正月

a0261026_18504091.jpg

今日は旧暦では大みそか。

明日は新年です♪


私はのんびりなのでやっと大みそかって、ピンとくるなー。

今年の新年は体調も悪かったので

やっと新年明ける~っと嬉しい気分です。


タイでは1年に3度お正月があると言われています。


グレゴリオ暦の1月1日のお正月。

中国正月でもある旧暦のお正月。

そして

タイのお正月のソンクラン。


そのたびにホリデー気分になります(^-^)


みなさまもよい新年を♪

新年快乐,万事如意!




a0261026_20092374.jpg



そして、今日はカトリックの私にとっては「灰の水曜日」

四旬節のはじまりです。

典礼暦年の一日で四旬節の初日。

ちょっと苦手な(本当はかなり苦手)季節ですが

イースター、春の訪れが待ち遠しくなる季節ですね。


灰の水曜日って日本にいると寒い日が多いように思います。

聖堂でシーンと冷えた夜を思い出します。

皆さんも風邪などひかれませんように。


四旬節は「40日の期間」という意味です。
40という数は、イエスが荒れ野で40日間断食をしたことに由来していて、
それにならって40日の断食という習慣が生まれました。
けれども実際には、復活祭の46日前の水曜日(灰の水曜日)から四旬節が始まります。
それは、主日(日曜日)には断食をしない習慣だったからです。
灰の水曜日に教会では、回心のしるしとして頭か額に灰をかける「灰の式」という典礼があります。
   カトリック中央協議会HPより





[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-18 20:13 | 日々の暮らし | Comments(0)