タグ:オーガニックコットン ( 8 ) タグの人気記事

a0261026_14301739.jpg




来週からはじまるアッシュ・ぺー・フランス主催のrooms34にエシカルファッションジャパンがプロデュースするエシカルエリアに出展します。


rooms34

Date: 15th Feb to 17th Feb

Time: 10:00 to 18:00

Address: 2-1-1,jinnan,shibuya,Tokyo 150-0041

Booth No. Ethical area E-22




[PR]
by m-maria-hs | 2017-02-12 14:39 | 展示会 | Comments(0)

女性のカラダ


ふわりのバンコクの展示がはじまって

ずっと一緒にあるものと言ったら布ナプキン。

プラネッタオーガニカさんでの展示はもちろん

パチャママさんでもハグ&スマイルの

支援グッズである布ナプキンを

ずっと取り扱いさせていただいてきています。

この布ナプキンは売り上げ代金全て

ハグ&スマイルの寄付になるので

募金箱にいれていただいています。



a0261026_01470524.jpg




そして今回、⬆︎大好きなチェンマイの

プリークルアイさんが手織りの

オーガニックコットンで藍染めや

草木染めの折って使うハンカチタイプの

布ナプキンを作ると聞きお願いして

ふわりにもお願いしました。

12月1日、新月パワーを注いだ布ナプキン

今日からお取り扱いします。

毎月来る生理が少しでも快適になると

よいなぁと思っています。

私自身も布ナプずっと使ってきていますが

更年期近くなってきてから予定がずれたりして

⬇︎紙ナプキンなども使ったりしながら

合わせて使ってきています。

高分子ポリマーが使われてない

お肌に優しいタイプです。


紙ナプキンでも高分子ポリマーの使ってないもの

など日本はあるのですがタイにもあったら

良いのにと思います。

⬇︎の写真は高分子ポリマーを使ってないもの。

カラダに優しいナプキンです。


a0261026_01470653.jpg



では布ナプの何がよいか!

私は生理が早く終わるようになったこと。

でも布ナプだけじゃなきゃダメだとか

これだけじゃなきゃダメなんてことでなく

たくさんの選択肢があったらよいのでは

ないかなと思うのです。

外出してたり、長い時間トイレに行けないなど

いろんな時間がありますから。

ただ布ナプキンを使っていると自分のカラダと

向き合うことになります。

自分が女性であることに

向き合い考える機会になります。



a0261026_10004271.jpg




それで何も持っておらず

普通の紙ナプキンを急に使うことになった時

私は一枚、ハンカチを置き

直接使わずにいます。

自分に取って何が心地よいか自分のカラダの

声を聞きながらいけたら一番よいですよね。


プリークルアイさんはチェンマイではホシハナビィレッジで、商品のお取り扱いがあります。

プリークルアイのYさん。優しくて大好き!

とっても素敵な方です!

手で紡がれたオーガニックコットンの

手織りの布ナプキンです。




[PR]
by m-maria-hs | 2016-12-01 10:06 | ココロとカラダ | Comments(0)

空のむこう

a0261026_22245727.jpg


毎日、寒い日が日本は続いています。

みなさんはこのブログをどこで読んでくださっているかなぁと

思いながらこの日記を書いています。



日本へ戻り、なんだかとっても現実的な感じで

タイの暮らしがまるで夢のような日々だったように思えますが

しばらくやっていなかった家事が面白かったり

日本の食材の美味しいこと。

でも両親と久しぶりに会ったり

いろんなことが現実的にのしかかって驚いたり

いろいろと思うことたくさんです。



それでも

わたしにできることをし続けていきたいなーと思っています。

それは特別なことではなくて

丁寧に生活すること。

呼吸すること

着ること

食べること

住むこと、

暮らすこと

そして私にとっては服を作り続けること。

丁寧に進んでいけたらと思います。

深く深く息をしてねっ!


書きたいことはたくさんあるけれど

なかなか言葉がまとまらずですが

できるだけこの日記も書いていきますから

時々遊びに着てください!



写真は花嫁さんがふわりのドレスを着てくださったお幸せなお二人。

ふわりのドレスを着てくださる人は

みんな自然の中で式をあげています。

オーガニックコットン。

シルクのように柔らかな気持ちよい布です。

写真はTOKOさん。

TOKOさんの光と幸せの切り取り。

タイの夕方の光。

美しい。



東京は土曜日は雪の予報もあるようですが

みなさんも素敵な週末を♡





a0261026_00253383.jpg





[PR]
by m-maria-hs | 2016-01-22 11:13 | 日々の暮らし | Comments(0)

a0261026_12073440.jpg


オーガニックコットンやリネンは暑い夏には

やっぱり気持ちよい素材です。


日本の夏、タイの暑さと違います。

東京にいるともわぁーとした都会の暑さに驚きます。

日本のみなさん、暑さにめげぬよう

お大切にしてくださいね!



日本の時間、たくさんの方にお会いして

濃厚な日々。

書きたいことたまってます。

水曜日にはバンコクに帰ります。



[PR]
by m-maria-hs | 2015-08-03 15:49 | fu*wariの服 | Comments(0)

深く息を・・・

a0261026_19173816.jpg



あなたがずっと幸せであるように・・・

フワリの服を着てくださるみなさんが幸せでありますように・・・


好きな写真を眺めつつ

思わず振り返る2014年。

飛びさるようにすぎてゆく1年に

今年もまた心追いつかぬ・・・


抱えきれぬほどの1年の思いを

今日の優しい風に一緒に飛ばす午後。


気持ちよい涼しいお天気だっためずらしい一日。





[PR]
by m-maria-hs | 2014-12-17 19:37 | ひとりごと | Comments(0)

幸せな気分*

a0261026_21551856.jpg

写真は表参道のmoonbirdのことみさんのCDジャケットの写真。

ことみさんはmoonbirdのお店だけでなくアニソン歌手としても活躍中♪

そのCDのジャケット撮影で3人みなさんがフワリのお洋服を着てくださいました。

お洋服たちの名前は一番左のことみさんから、春を待つ

花よりほかに、月のぬくもりです♪

素敵♡





美味しいご飯食べたり

いい香りの石鹸おろしたり

きれいな夕焼け空眺めたり

友達とゆっくりお喋りしたりと

ささやかなHappyの日々のひとつひとつ。


そのささやかなHappyのひとつに

気持ちのよい天然素材

きれいな色の服

心地よくいられる服たちを着ることも幸せになるための

ひとつだと思っています。



フワリの服はわたしがわたしらしくありえる服でありたいと

あなたがあなたらしくいられる服であったらなと思います。


気持ちよい素材をしったなら

合成繊維は着れない。

座っても寝転んでも心地よい服。

そうでありながらもしゃんと背筋が伸びる服。


これからももっともっと

よいものをお伝えできるように頑張ってゆけたらと思います♡


今回の展示も東京と同じように

たくさんの方とお会いできました。

まだあと二日ありますけれど!


今日、出かけた先でフワリの服を連れて帰ってくださったお客さまが

通りすぎてゆきました。

少しだけ遅い時間に急ぎ足のお客さまの後ろ姿を見つめながら

みなさんが日々、Happyでいられたらよいなーと

心から深く思いました。


私も日々、Happyでいられるよう、服作りをしていきます。

その幸せな気持ちがフワリの服たちを通して

着てくださる方に伝わることを願いつつ祈りつつ♡





a0261026_02091713.jpg




[PR]
by m-maria-hs | 2014-11-04 02:40 | fu*wariの服 | Comments(0)

地雷畑から*

a0261026_12335576.jpg

ちょっと写真ボケていますが何の種かわかりますか?

タイ産の在来種のオーガニックの綿のタネです。

タネのまわりもフワフワして、コットンだな~と思います。


先日、庭の芝生をガシガシと抜き、土を耕しこのタネを捲きました。

写真は数日前、もっと芽が出て、大きくなってきました。



a0261026_12342331.jpg


オーガニックコットンのことを詳しく教えてくれる

コットン先生がいます^^

もともと、ジャーナリストだったから

コットン先生はコットンの疑問に思ったことからこの道に入ったのかと

ひとり思っているのですがどうでしょうか?

今度聞いてみよ。


そのコットン先生。

カンボジアのもっとも地雷が今も多く埋まっているところで

コットンの畑を作り、そして布を作っています。

私の知ってる方はジャングル坊やって^^;言ってましたが

なかなかワイルドなコットン先生です。

そうじゃないと真実に突き進むことできないのかもしれません。


長い時間をかけ、丁寧に丁寧に完全無農薬のコットン作りに挑み

少しずつ実ってきています。

暑いところで無農薬で植物を植えるって、

気が遠くなるような闘い、あると思う。


気が遠くなるような作業に自ら、暗い闇のなかにいられたこともあると思う。

でも驚くような

天使の羽根のようなコットンができてきました!!!


カンボジアで収穫した綿花を日本の素晴らしい技術で布に織りあげたもの。

下の写真がその天使の羽根のようなコットンです。

カンボジアから日本へ、またカンボジア、そしてタイへやってきました。


コットン先生、縫い目も外の

アトピーなどの皮膚疾患で苦しむ方の本当に居心地のよい部屋着を作りたいのだそう。

それでコットン先生の意向を聞いてフワリはサンプルの

開発のお手伝いをさせてもらってます。


教わることばかりです。

タネのこと。

オーガニックコットンの裏側。


私も子どもの頃、ひどいアトピーでしたが今はもう大丈夫なので

忘れていることも多く、そんな私にコットン先生が

アトピーで苦しむ方からの声を丁寧に教えてくれました。

とにかく肌にストレスのない部屋着をとのこと。


コットン先生、妥協を許さないので、これから、できてきたサンプルで

何度も試作を作り

天使の羽根の部屋着を完成させ

カンボジアで雇用を増やしてゆくと思います。



a0261026_12322121.jpg
フワリはそんなお手伝いができて幸せです。

スカーフも作っているそうです。

そして、オイルや石鹸も作っていくそうです。

消費者の立場に立った

何もかも自給自足のようなカンボジアコットンクラブ。




コットン先生の命をかけた仕事、

妥協を許さない、

そして、真実を見つめていく姿勢。


タネのこと

オーガニックとは

詳しくはこちらFB→カンボジアコットンクラブ




a0261026_12493201.jpg





[PR]
by m-maria-hs | 2014-09-02 13:28 | 繋がり | Comments(0)

春を待つ



a0261026_00275988.jpg



「春を待つ」

私はいつも寒い季節でもこのチュニックワンピースを着ています。

1月に日本へ一時帰国していた時にもよく着ていた一枚です。

写真はオーガニックコットンで作っています。

またリネンでもお作りしています。


色は白、きなり、黒、グレイで作っています。


とっても好きな一枚で一年中着ていただきたいチュニックワンピースです。



このチュニックワンピースのサンプルを着た時が日本でまだ寒い時でした。

フワリの準備がまだまだの頃、寒い日本で着てみて

春がうんと待ち遠しく感じたのを覚えていたのでこの名前を*



お洋服の名前は他にどんなストーリーがあるのですか?と聞かれました。

いろいろな物語あります。



ぜひお客さまにもフワリのお洋服着て、新しい物語を作っていただけたら嬉しいです。


このお洋服を着てくださる方の物語が

Happyな物語でありますように*



a0261026_00273499.jpg

「春を待つ」

大好きな一枚です。

どんなに寒い冬にも春は必ずやってきます。



あなたの明日が素敵な一日でありますように*


今年はイースターが4月の終わりなので

なかなか暖かくならないかななんて思ったり。


あと少し。

東京でみなさまにお会いできるのが楽しみです。




[PR]
by m-maria-hs | 2014-04-08 01:54 | fu*wariの服 | Comments(0)