a0261026_00075311.jpg

タイに行ったらこれ食べよう!

公私ともにお世話になっているタイ料理ライターのるいさん、

みのわさんが屋台本を出されました!!!

写真はTOKOさん!


るいさんが↓

タイトルの通り、タイに行ったらぜひ食べてほしいな、と
思うタイ料理ばかりを紹介している一冊。

純粋に料理自体の紹介なのでガイドブックとはちょっと違うのですが、
撮影したお店のデータも掲載されていますので、
バンコクの屋台や食堂を知りたいな、という方のお役にも少しは立てるはず!
ちなみに大好きで通っているけど、今までにブログにもインスタにも
1回も上げたことのない秘蔵のお店も、断腸の思い(笑)で掲載していますよー。

だそうですよぉ~☆



タイへ行く時はこれもまたるいさんが作った

「キレイを叶える週末バンコク」のガイドブックを持って

「タイに行ったらこれ食べよう」も持って

これでバッチリですね!

女子旅バイブルですから。

こちら持って綺麗になって美味しいもの食べる。

素敵な旅になります!

こちらのガイドブック、写真はChisatoさん♡




a0261026_00225363.jpg



タイに行くなら

この2冊メッチャおすすめです!!!

行かなくてもこれで妄想してタイ料理でも作るのもよいですよね!

そんな時はるいさんが作っているこちらもよいですよぉ~!



a0261026_00200916.jpg





[PR]
by m-maria-hs | 2016-01-27 00:30 | 繋がり | Comments(0)

バンコクの風

a0261026_21014154.jpg



新年あけましておめでとうございます。

新しい1年もみなさまにとって

愛と平和で満たされた1年でありますように

心よりお祈り申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。




a0261026_21014160.jpg



新年の初詣はワットサケート、プーカオトンへ。

ここにはずっと昔に来た記憶があったのですが

もしかすると初めてだったかも。



通産10年以上タイで暮らしていますが

年末年始をバンコクで過ごすのは初めてでした。



タイの人も初詣するのだと

お寺はタイの人でいっぱい。


登って行く途中に

ゴールデンマウンテンカフェ。





a0261026_21014256.jpg



上から下を見下ろすとこんな感じです。

涼しい風が吹いてきます。





a0261026_21014229.jpg




ワットサケートでお参りをすませて

歩いて次のお寺へ。

カオサンに近いこのお寺。

王に即位する王子が出家修行する寺院で

ラーマ5世から現国王のラーマ9世まで

出家修行されている

ワット・ボウォーン二ウェート寺へ。

ここの仏像が好きなんです。





a0261026_21014257.jpg



みなさんの新しい年がよい1年でありますように。

もっともっと平和な世界でありますように。






[PR]
by m-maria-hs | 2016-01-01 23:23 | バンコクお散歩編 | Comments(0)

日本は暑いのでしょうか?

バンコクは日本の暑さに比べれば涼しいと帰ってきてから思います。

日本のみなさん、暑さに負けぬよう乗り越えてくださいね。


日本で湿疹がちょこちょこ出ていたので帰ってきてからは

食生活に気をつけながらいます。

が!甘いものなかなか止めれませんねー。

昨日はなんといただいた月餅、ひとりで食べてしまいました。

普段、家で甘いものが食べたくなったら、玄米甘酒を飲みます。

玄米と玄米麹で作った甘酒、おいしいですよ!


ご飯は玄米が基本です。

タイではチェンライで美味しい無農薬の日本米を作っている

オリエンタルファズのお米が美味しいです。

私はここの玄米が大好きです。

そして、コーヒーも♪

デリバリーサービスもあるのでぜひHPオリエンタルファズ

奥地で作っているのだからご苦労はたくさんおありだと思うのですが

お米もコーヒー、ほうじ茶美味しいです!

なんと窯揚げ古代塩とかもありました。




a0261026_13365258.jpeg




オリエンタルファズ さんのコーヒー豆の生産している農園は

ミャンマー国境に近い山の中にあるそうです。

タイ、ラオス、ミャンマーの3カ国が接しているゴールデントライアングルという呼ばれる地域で

以前はアヘンを採るためにケシの栽培で有名な場所でした。

このアヘンを採るのをやめる王室、タイ政府の後押しがあり

コーヒーやお茶などの栽培にかえられていった話を王室プロジェクトなどでもよくききます。

オリエンタルファズさんのHPにもこれらのことも書かれていましたが

ここのコーヒーが大好きな理由のひとつに

これらを作っている山岳民族の人たちのいのちの森を大切にしながら

コーヒー栽培をしていることだなって思いました。

農薬は一切使われていないそうです。

森の生態系の中で育てている農薬を使わなくてもコーヒーの木が侵されることはない。

コーヒーの木と他の樹木や草花と一緒に育ち、

虫の声や鳥の声を聴きながら育つコーヒーの木。

美味しいにきまってるよな~と思います。

山の中に入り、山の人たちと働くご苦労は想像以上だと思いますが

本当に美味しいコーヒーです。

コーヒーは飲みすぎないよう気をつけていますが

日本に帰る時も持って帰ってるくらいです。

スクンビットのパーデンさんでも買えますよ♪



私は若い時のボランティア時代にこのゴールデントライアングルの

三角地帯をトレッキングしたことがあります。

それぞれの山岳民族を訪ねて泊まっています。

美しいケシ畑も

美しいケシの花が姿を変え

人がどのようになるのかを村の中でも見ました。


だからあの場所を知っている若かった私が今、こんな形で

本当に生きる森の中で育ったコーヒーを飲むことの不思議を思いながら

やはり買うのなら物語のあるものがよいなーと思います。






[PR]
by m-maria-hs | 2015-08-11 13:41 | 日々の暮らし | Comments(0)

ハッピィソンクラン

a0261026_16522518.jpg


タイのお正月、ソンクラン。

水にすべてを流し洗い清めて新しい1年がはじまる。

ソンクランの語源サンスクリット語のSankrandhiは

「変化・移動」を意味する言葉。


はじまりのとき。



今年も空に向かってパンパンと手を合わせ

『ハッピィソンクラン~☆』






私は東京の準備をしながら、アレルギーで

どうも昨夜から咳が本当にひどくなり

今日はひとりキッチンにこもり

台所薬局。

庭の背の高い山吹色の花が満開になっていたのですが

桜のように舞い散った途端に咳。

咳止めにレンコン湯。



そして血液を粘らせている過剰なたんぱく質を分解、

消化する酵素もある大根の力をかりて大根湯作って飲む。

動物性たんぱく質の解毒に。


アロマで咳止め用のクリーム作り

おままごとのように一日が過ぎていきました。

家の中でキッチンが一番落ち着く。



家で作った甘酒でスィーツを作ったり

保存食作ったり

おうち甘酒は玄米と発芽玄米こうじで作っていて

お気に入りです。


ソンクラン休暇中は東京の準備や、出来上がってきた服の検品。

そして、断捨離&デトックスと

体と心をきれいに!


しかし、咳とまってほしい~。



タイのみなさんは素敵なホリデーを!








[PR]
by m-maria-hs | 2015-04-13 20:08 | 日々の暮らし | Comments(0)

1年に3度のお正月

a0261026_18504091.jpg

今日は旧暦では大みそか。

明日は新年です♪


私はのんびりなのでやっと大みそかって、ピンとくるなー。

今年の新年は体調も悪かったので

やっと新年明ける~っと嬉しい気分です。


タイでは1年に3度お正月があると言われています。


グレゴリオ暦の1月1日のお正月。

中国正月でもある旧暦のお正月。

そして

タイのお正月のソンクラン。


そのたびにホリデー気分になります(^-^)


みなさまもよい新年を♪

新年快乐,万事如意!




a0261026_20092374.jpg



そして、今日はカトリックの私にとっては「灰の水曜日」

四旬節のはじまりです。

典礼暦年の一日で四旬節の初日。

ちょっと苦手な(本当はかなり苦手)季節ですが

イースター、春の訪れが待ち遠しくなる季節ですね。


灰の水曜日って日本にいると寒い日が多いように思います。

聖堂でシーンと冷えた夜を思い出します。

皆さんも風邪などひかれませんように。


四旬節は「40日の期間」という意味です。
40という数は、イエスが荒れ野で40日間断食をしたことに由来していて、
それにならって40日の断食という習慣が生まれました。
けれども実際には、復活祭の46日前の水曜日(灰の水曜日)から四旬節が始まります。
それは、主日(日曜日)には断食をしない習慣だったからです。
灰の水曜日に教会では、回心のしるしとして頭か額に灰をかける「灰の式」という典礼があります。
   カトリック中央協議会HPより





[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-18 20:13 | 日々の暮らし | Comments(0)

今も戒厳令下のバンコク

a0261026_12522383.jpg

爆弾のニュースにバンコクはまだ戒厳令下なのだと

ふと我に返ったような気持ちです。

デモがあったことも遠い昔のように思えていますが

ついこの間のこと。


観光客の方も多く訪れるサイアムでの爆発事件。

タイは暑くなってきましたが乾季のよい季節ですが

大使館から注意喚起が出されました。

最近はデモもなく安全だーなんて思っていましたが

観光でいらっしゃる皆さんも気をつけてください。




以下は大使館からの注意喚起です。



爆発事案発生に関する注意喚起
                (2015年2月2日現在)

1 2月1日,BTSサイアム駅とサイアム・パラゴン・ショッピングセンターとを

結ぶ通路(スカイウオーク)において,IED(即製爆弾)が爆発し(2回爆発との情報有り)

1名が負傷する事案が発生しました。


2 国内は現在も引き続き戒厳令下にある点に留意するとともに

最新情報を入手すなど治安状況等の把握に努め

不測の事態に巻き込まれないよう十分な安全対策をとってください。


[PR]
by m-maria-hs | 2015-02-04 13:07 | 旅・Thailand | Comments(0)

a0261026_19580221.jpg

タイで買った籠4.

以前の記事は

タイの籠

タイで買った籠2

これは大、中、小とありましたが一番小さいものを買いました。

ネコのヘイゼルはこの紐をいたずらしたくてウズウズ。


a0261026_20012355.jpg


最後までこの籠がでていたらそばから離れず。

紐をいたずらしたかったよう。


a0261026_20034200.jpg

この籠はまるで自分の籠のように

そばから離れなかった。

普通に置いてあったら知らん顔なのに~。


a0261026_20051889.jpg


すぐ籠に入ってしまうし。

ここから↓は籠の写真。

a0261026_20070124.jpg

タイに引っ越してきた時に探して買ったゴミ箱にしている籠。

スクンビット49のスタバの上にあった

クラフトのお店で買ったもの。

残念ながら閉店してしまいました。



もっとも長く使っているゴミ箱は20年近く使っているバリ島で買った下の籠。

↓本当にずっと使えそうです。

タイの籠ではありませんが孫の代まで使えそう。


a0261026_20160353.jpg

チャトチャで見つけた下の籠。

タイの籠や籠バックはニスが塗ってあるものが多く

なかなか可愛いもの少ないのですが

これは↓即決したもの。

モン族の古布か

インドの古布使って

もう少し可愛くしたいと思ってます。


a0261026_20195618.jpg


下の籠バックは細かい~。

南タイのもの。


a0261026_20290210.jpg

これは18年くらい前にいただいたもの。

南タイで作られているのです。


下はOTOPで買ったお気に入り。



a0261026_20442228.jpg


タイにはライスバスケットやもち米をいれるものなど

本当にきれいなものがあります。

「Things Thai」というタイのアンティークやクラフトの本を読むと

ライスバスケットやもち米入れなどの項目もあり

こういうの集めている人もいるのだろうなーと眺めてしまいます。

a0261026_20544200.jpg

これはスクンビットのMUZINAさんで買ったもの。

もともとはもち米をいれるもの。

きれいに編まれていて思わず衝動買いしたもの。

ピンボケてて↓ごめんなさい。

でも可愛い~。

a0261026_20552435.jpg


下はチェンマイで買ったもの。

バンコクにもお店ありチャトチャのお隣のマーケットでも見ました。

籠にビーズが!!!

なんて細かい手仕事なんだろうと大中小とサイズありましたが

大をゲットして連れ帰ったもの。


a0261026_20192148.jpg
まだまだ籠ありますがまた今度。

フワリは籠やさんではありません(^_^;)


最後にタイで買った籠。

フランスの籠↓

びっくりするほどシッカリしているのに可愛い。

旅するマルシェでおなじみのDarunさんから買わせてもらったものです。

Darunさんも籠好きだから可愛い籠あります。

もうひとつ大きな籠も買わせていただきました。

ピクニックによさそうな籠です。


フランスと世界の雑貨 Darun(ダルン)
http://darun.jp/

a0261026_21040067.jpg






[PR]
by m-maria-hs | 2015-01-28 21:25 | タイの籠 | Comments(0)

タイで買った籠3

a0261026_23410438.jpg

タイで買った籠たち。

まだまだあります。

タイの籠は伝統工藝のような美しい籠から

道具として使われてきたものもたくさんあり

籠好きにはたまらないタイランドです。



家にあるのは日常使いの籠ばかりですが

上の写真の籠はプラネッタさんで買ったもの。

サイズはいろいろあり、蓋つき、なしもありました。



a0261026_23442561.jpg
これは丁寧に編まれていて大きめなもの。

a0261026_23422753.jpg
大ぶりのアクセサリーなどいろいろしまっています。




a0261026_23461194.jpg

↑思わず可愛くて買ってしまったのだけれど

何に使おうかはわからず今は飾ってあるだけ。

a0261026_23445821.jpg
↑これはお裁縫箱に。

a0261026_00010247.jpg
↑これも上のものと似ているけれど

よく見ると違うもの。


a0261026_23412724.jpg
上のものより大きめなもの。

これも出番待ち。

a0261026_23470010.jpg
↑これは仕事中のものをあれこれいれている大きめな籠。

しっかり編まれています。

a0261026_23454641.jpg
↑これもおおきめな籠。

a0261026_00032257.jpg
↑前にも紹介した籠の小さいもの。

大きなものは薬箱に。

これはやはりアクセサリーの整理に。

チャトチャックマーケットで買ったもの。


a0261026_00144380.jpg

私はハーバルボールを作ったりするときに使う籠。

日本にいたらお野菜とか干すのに使えるなーと思いました。

大きなものです。

これもいろんなサイズを持っています。


今日はこのへんで。

まだまだあるので籠続きます。




[PR]
by m-maria-hs | 2015-01-28 00:18 | タイの籠 | Comments(0)

満月の夜

a0261026_23050685.jpg

陰暦12月の満月の夜に、農民の収穫に恩恵深い水の精霊に感謝を捧げ、

また罪や汚れを水に流し、魂を浄めるお祭りが行われます。

人々は、バナナの葉や紙で作ったクラトン(灯籠)を、

ロウソクや線香や花で美しく飾り満月を映す水面に流します。

川はまるで光の天の川となり、その幻想的な美しい光景に人々は酔いしれます。


a0261026_23055714.jpg
                        タイ国政府観光庁より


今日はロイクラトン。

タイは水に関わるお祭りがとても多いです。

ソンクラン、ロイクラトン

タイでは大切なお祭りです。



満月だからなのか今日はダウンしてネコちゃんの用事をして

あとは寝てしまいました。

こんなに寝たのは久しぶりでした。



a0261026_2155209.jpg

とうとうプラネッタさんでの展示は明日が最終日。

完売してしまったものもいろいろとあったのですが

明日、最終日、追加で入荷ができることになりました。

最終日、お時間ありましたらぜひお立ち寄りください


いろいろと入荷いたします。

フワリ、初、なんて色も!

私もおります。


展示中、たくさんの方とお会いでき感謝しています。

残念ながら、お会いできなかったお客さま

またお会いできるのを楽しみにしています。


ママのお買い物にお付き合いしてくれたお子さんたちとお喋りするのも楽しみでした。

昨日はスタッフのりえさんのお友達がベビィちゃん連れて

なかなか抱っこはさせてもらえなかったけれど

とっても癒されてしまいました♡



バンコクの街でフワリを着たお客さまに出会えたら感動してしまうに違いないです。

じーっと見てしまう人がいたら私かもしれません^^



明日、最終日、お待ちしております♡





[PR]
by m-maria-hs | 2014-11-06 23:28 | 日々の暮らし | Comments(0)

とうとうクーデター

a0261026_11082002.jpg


タイはクーデター宣言で軍が国家の全権を掌握したと22日、午後5時に発表されました。

夜間は外出禁止令。

街の様子は変わりないようです。

私の住んでいるところはいたって平和でこの国にクーデター宣言がでたのも信じられないくらいです。

日本の旅へ一緒に行ってくれた山のおばちゃんたちも一緒に帰ってきました。


次回はバンコクのイベント「旅するマルシェ」に

日本で密かに人気のあったこの山のおばちゃんたちも行きます。

詳しいことはまたお知らせします。


一日も早くいつものタイに戻りますように。

この国に本当の平和が戻ってきますように*




[PR]
by m-maria-hs | 2014-05-23 11:32 | 日々の暮らし | Comments(0)