エコノミカルランニング

今日は一日、お腹が痛くて一日家仕事に変更。

タイ料理が続くとお腹壊すのですが

帰ってきてまだタイ料理食べてないというのに!

最近、お腹が弱いです。


そして、サボり気味になる呼吸の体操をきっちりしました。

筋肉痛になりそうです。



今回、日本で眩暈でまた倒れたのですが

呼吸を意識していたせいか治りが早かったのでした。


前にも書いたことがありますが日本へ行くと

日本最速裸足ランナーでもあり

スポーツ障害の方のためのセラピストでもあり

ランニングコーチなどもされている高岡さん術を受け

体の使い方の指導を受けています。

ランナーズというランニング雑誌にもよくでていらっしゃる高岡さん


a0261026_20382426.png



呼吸の仕方&

正しい姿勢を高岡さんから習っているのですが

なかなかできない私。

正しい位置に戻せない。

気がつくと肩が中にはいってきます。

疲れれば疲れるほど中にはいる。

教わった体操でできるだけ正しい姿勢と呼吸が

できるようにと思うのですが。

吸うのはできるのですが吐くのができてない私。

手放すのが下手なんだろうなと思います。




高岡さんのエコノミカルランニングという

メルマガを読んでいると

ランニングではなく生き方だなーって思うのです。

めっちゃ、面白いです。



a0261026_20395501.jpg


エコノミカルランニング。

いかに削り落していくか

自分のカラダを知り、自分のカラダを使う。

シューズに頼るのでもなくサプリに頼るのでもない

自分のカラダを知り自分のカラダを使うランニング。


私、どうぜド素人だからと根性で走っている頃、

サプリとかジェルとかも使ったこともなく

走る距離などもカラダで覚えたので

サプリ使って初めてフルマラソン走った時は

ジェルの効果に超ビックリしましたー!!!

普段からそんなの飲んでいたら

カラダがおかしくなってしまいますよね。


師匠がそんなの使わへん!って方だったので

きちんとした食生活、食べ方を

そばでみていて、サプリなどに頼らない

走り方を覚えてよかったって思います。

ガーミン持ったのもずっと後だったので

今どきのランナーではないのでした。

だいたい、最初のフル走った時

時間かかりすぎてガーミンの

バッテリーがなくなって笑えました。



なんだって

やるか、やらないかーだけなんだと思います。




裸足ランニングをサポートしてくれる

足袋シューズのMUTEKI→ホームページ

高岡さんのブログ→高岡尚司の裸足で無敵なベアフットランニングブログ

ブログからぜひメルマガ登録してください。









[PR]
by m-maria-hs | 2015-05-21 20:59 | 走ること | Comments(0)

a0261026_12523375.jpg

12月14日(日)6時から13時まで

バンコクルンピニ公園でランニングレースイベントが行われます。

距離は2.5キロから42キロまで各自自由。

同じ時間イベントシャツを着て世界中どこへ走ってもOKというこのレース。


あなたの夢は何ですか?


a0261026_21084900.jpg


このレースのはじまりは

K's Run Across USA 2015 Project



カルフォルニア・サンタモニカから

NYまでの5000キロをKさんというランナーが

80日間で走って

横断する夢を実現するプロジェクト。



仲間たちが彼の夢の実現のために作った

Run For Your Dreamのレース。


Hug&Smile Foundation

Wishing Well Thai Foundation

のコラボレーション


Hug&Smile Foundationは、

HIV/AIDSと共に生きる人々の夢実現を支援しています。


Wishing Well Thai Foundationは、

ガンと共に生きる人々の夢実現を支援しています。


そしてRun For Your Dreamは、

Hug&Smile FoundationとWishing Well Thai Foundationを応援し、

レース収益金の一部を

Hug&Smile Foundation&Wishing Well Thai Foundation

に寄付します。


もちろん

K's Run Across USA 2015 Project

応援しレース収益金の一部を寄付します。


たくさんの方の友情のサポートの上に成り立つRun For Your Dream!


a0261026_21434895.jpg


このシャツを着て

12月14日、ルンピニ公園だったり

アユタヤマラソンだったり

オーストラリアだったり

世界中のどこかで走ります。

K's Run Across USA 2015 Project



そしてKさんの夢を応援する素敵な方たちは

a0261026_13391778.jpg
バンコク走遊会の会長T兄さま!

熱い友情でKさんをサポート。

写真はありませんが副会長はアユタヤマラソンを

このイベントランニングシャツで走ってくださるそう♪




a0261026_21452538.jpg
走ればトロフィ片手にスマイルのK美さん!

シャツのモデルまで!

いつもカッコいい男前の女子も強力なKさんの仲間。




a0261026_13382868.jpg
大阪マラソンをこのTシャツで走った

いつも素敵なYokoさん!



a0261026_13453108.jpg
日本最速裸足ランナーでもあり

スポーツ障害などの悩みにもこたえてくれる

エフエイト、Mutekiの高岡尚司さん!
日本へ帰ると私もお世話になってます!


a0261026_12445044.jpg
Kさんの隣にいるのはランさん!

Kさんの友人でもありプロジェクトのメンバー。

ランさんの会社もプロジェクトのスポンサー。

さらに皆で夢を言い合った仲間。



a0261026_21521479.jpg
Kさんのリストバンドをしているのは

元バンコクランナーズの会長の温か♡のイアンさん。

14日はオーストラリアで走るイアンさんです。




a0261026_21550035.jpg
メッチャカッコいいPunky Runners会長Miaowさん。

Punky RunnersはRun For JapanやRainbow Runなどの

名チャリティレースを手掛けてきたランニングクラブ。




a0261026_22293137.jpg
a0261026_22340492.jpg
強力なプロジェクトメンバー、この方を忘れてはいけません^^

裸足王子の吉野剛さん!

タイでも人気者。




a0261026_12500473.jpg
そして、この方!

b&IのThomasさん!

メインスポンサーです。

ご家族とKさんとの写真。



みんなランナー。

走ることの喜びを知っているけれど、また苦しさも知っている。

だから5000キロがどんなチャレンジかも

クレイジーなことなのかも

みんなそれぞれが走ることで体験してる。


だけど

みんな走る。

もう絶対走らないなんて思っても

気がつくとまた走りはじめている。


そしてね、何度も痛みだったり苦しかったりして

やめよう、走る続ける、やめよう、いや続けるなんて

自問自答しながら走ったりする苦しさも知っている。

でもまた走るんだよね。



マラソンに魔法はないと思う。

続けてきた日々が走りにあらわれる。

コツコツと続ける喜び、大変さ。


大人になって

がんばれ~なんて応援してもらったり

知らない人から応援されることなんてマラソンして初めての経験だった。


夢を皆で語り

実現へ向けて一歩を踏み出して応援しあう喜び

そんなこともKさんや皆さんから学んだ。


まだまだたくさんKさんを支えているプロジェクトメンバーや

サポーターたちの方はたくさんいるけれど

分かち合う喜びを知っているのだと思う。



a0261026_22402568.jpg


Kさんとは私はマラソンを通して出逢い

ランの大先輩でもあり

友人でもあり

ビーガンカフェであるBonita Cafeの店主さんでもあります。


走れない私を応援してくれて

熱射病の影響からか息も絶え絶えだった私を

鍼の先生を紹介しこの人をなんとか走れるようにしてやってくれ!と

先生に頼んでくれたKさん^^


先生、この人の身体に42キロは無理!

まずはどんどん食べてもっと太りなさい!と言ったけれどね。

もちろん、私はその数ヶ月後

42キロ走り切りました!


ナチュラルランを教えてくれたのもKさん。



いつかお返しがしたいと思っていたけれど

応援しながら

友情や走る楽しさや夢を持つ喜びを

たくさんいただいちゃっている!



だからこそ、彼の人柄に惹かれ

たくさんの人たちが彼をサポートしたいと応援している。

その応援の仕方も半端ない!



5000キロを80日かけて走ろうなんてクレイジー!

クレイジーでなんて素敵な夢なんだろう。

その夢を叶えると昨年は毎日、ハーフの距離を

今年はフルマラソンの距離をほとんど毎日走ってこられた。


すごいよね!


Kさんの素敵な奥様のヌンさんも80日一緒にサポート。



a0261026_21094745.jpg


あなたの夢は何ですか?


12月14日

ルンピニ公園で

あなたも一緒に走りませんか?



小さなお子さん大歓迎です。

親子で走っていただけたらこんなに嬉しいことはありません。


この日はみんな一等賞!!!



日本の方はぜひ!選挙に行かれて

どこかを一緒に走ってください!




バンコク・ルンピニ公園

12月14日(日)6:00~13:00

距離:各自自由

スタートはルンピニ公園フードコート前

Or

世界のどこか

料金はイベントTシャツまたはランニングシャツ含300バーツ


問い合わせ

Bonita Cafe and Social Clubまで、日本語で、ご連絡下さい。
*住所:56/3 Pan Street Sliom, Bangkok
*電話:02-637-9541
*メール:bonita.c.sc@gmail.com 
*ウェブサイト:https://www.facebook.com/bonita.c.sc
*定休日:毎週火曜日
*通常営業時間:11.30am - 3.30pm, 6.00pm - 9.30pm

通常営業日時と異なる営業時間の場合には、
前もってウェブサイトで告知をしますので、ご注意願います。










[PR]
by m-maria-hs | 2014-12-10 22:58 | マラソンレース | Comments(0)

まずは自分で試してみる

a0261026_13574740.jpg
雨が多くなってきたバンコク。

またふたたび走る練習をはじめる。

目標を定めるとそれに突進するタイプなのかもしれない。

フルを走り、そこから階段を転げ落ちるように挫折してきたけれど

走ることは苦しいことと思っているのを走ることは楽しいと塗り替える今。


前よりも少し自分のカラダを知り

食べることがどれだけカラダを変えてゆくのを知り

カラダの筋肉の使い方の体操を習い、日々、走ったらどこまで変化するのか楽しみになってきた。

前はとにかくフルを完走することが目的だった。

今度はガーミンのバッテリーが切れる前に完走するのがひとつの目標かな。

バッテリーが切れたときはがーん!ショックでした。


でもまずは3キロ、5キロを毎日、走りながら変えてゆこうと思っている。

密かに別の目標を定め、その目標に向かって日々精進します。

走ることは楽しい*


私のマラソン感動初体験は丹後のウルトラ100キロ。

もちろん私がでたわけでもなく、応援だったのですが

友人が制限時間ぎりぎりに帰ってきて、家族でゴールしました。

それを見て胸がいっぱいになり自分も走ってみたいなーと思ったのが大きかった。


あなたもバンコクで走りませんか?

走る仲間があなたを待っています。

私もずっと休んでいてレースにもでていないのですがまだ名前はおいていただいているはず^^

走れる人多いですが、泣きながら走っていた超初心者の私から

ど変態と言われるほど、走ることにジャンキーな方たちまで揃うバンコク走遊会。

初心者の方も超凄ランナーもぜひ!すべては走ることからはじまるバンコクライフ。

FBはこちらへ走遊会バンコク






[PR]
by m-maria-hs | 2014-09-18 15:49 | 走ること | Comments(0)


a0261026_14483645.jpg



チェンマイのラン友のKawaiさんがとっても素敵な言葉をくださった☆

「マラソンは終わりのない大人の遊び」だと。


何度も走っては頭痛がひどくなり自分に呆れはて走れなくなり

また走るの繰り返し。

今月の半分近くは頭痛に悩まされただろう。

走ることをだんだんあきらめモードにいた私にKawaiさんの思いのある言葉。


私はしっかりとその言葉を胸に深く刻み込んで焦ることもあきらめることもやめた。




走って走って、また走って、走りこんで、やっと人並みか人並み以下の私。

走らなければ、どんどん走れなくなるから

嫌になって、さらに走らなくなってきたところへ7月の師匠の来タイ。


骨折していた師匠は足の痛みを抱えて、パタヤマラソンのハーフへ。

師匠から伺った話ではゆっくりとマラソンを楽しみ、

タイへ来る飛行機の中でお喋りした某航空会社のCAさんを発見し

写真を撮ったりしながらの本当にファンランを楽しまれたようだった。


パタヤマラソンの翌日、お会いした時には師匠は痛みのために足を引きずり

ゆっくりとゆっくりと歩いていた。

「今朝は走ってきていないですよね」の質問に答えはもちらん

「走ってきましたよ~」のやはり師匠!!


お帰りになってもフェイスブックを読ませていただいていると

師匠は痛みのため走れないけれど、休むという言葉は師匠の辞書にないかのように歩かれ

また走りはじめているだろう。

マラソンとともに生きてこられたような師匠。

たくさんの記録を持ち、在タイ中はトロフィの数々。

だけど、師匠を見ていたら、走れない時の今のマラソンの楽しみを方を身を持って教えてくださっている。


私にもゆっくりでも走り続けたほうがいいと一言は仰っても

走れ走れ~とも言わない!


身を持って続けてゆくことの楽しさと喜びを教えてくださっている師匠に感謝。

自分に負けて走ることをあきらめがちな自分に、師匠の姿は

Kawaiさんが仰った「マラソンは終わりのない大人の遊び」のことばが重なり合う。


季節がめぐってゆくように、人の一生にも季節がある。

いろんな時があるよね。

年を重ねてゆくことが美しく輝くこともあるけれど、その逆に取り去ってゆかれることもある。

だけどね、師匠が身を持って教えてくれた、その時、その時を

100パーセント楽しんでゆくことの素敵さ。


あきらめず、丁寧に、楽しんでいくことの素敵さを教えてくれる師匠に

ラン友にマラソンを通して出逢えたことに感謝していこう♡


喜びと感謝を数えていきたい。


ねっ、泣き顔はやがて、笑い顔に。

暗い闇は必ず愛と感謝に変わる。



あなたが今日もHappyでありますように☆











[PR]
by m-maria-hs | 2014-08-24 15:19 | 走ること | Comments(0)

痛みの記憶

カラダは知っている。

痛み、傷みの記憶。



昨日は日本最速フル裸足ランナーでもあり

スポーツ障害、悩みを抱える方のセラピストでもある

高岡尚司さんの施術院へアメリカ横断プロジェクトのKさんの紹介で行きました!

高岡さん、今月号のランナーズにも出ていらっしゃいます!



昨年12月に階段から落ちてから走れなくなり

ムチウチのような症状に悩まされていたのと

走ると起きる痛みの悩みを聞いていただきました。

高岡さんはMutekiという、裸足ランニングに近いシューズも作っています。


☆こちらをクリック
Facebook

高岡さんはお若いけれど人を包みこむような柔らかさがあり

とってもリラックスできました。


お話をさせていただいてとっても印象に残ったことは

私の場合、筋肉がとっても緊張していて

その怪我の痛みを身体が忘れていないのかなってことを

言っていただいてハッとさせられました。

身体はちゃんと知っているのです。

階段から落ちたことも、その時の自分のあり方も

よくわかっていただけに高岡さんの言葉には

思わず泣きそうになりながらも(^^;;

心の中で唸っていました。


あとはやはり呼吸のこと。

吸うのはよいけれど吐くのが短いのだと教えていただいて

自分でも気がついてはいたけれど直すことなど考えず

あらためて、指摘されると

自分自身の身体の癖や痛みが

呼吸に繋がっていることに驚くのでした。


吐くことがきちんとできてないって

手放すことが下手なのだろうなと

身体の痛みの記憶もしっかり握りしめてることも含め

あらためて呼吸の大切さを知るのでした。


ちょっとしたことなのですがプロのアドバイスは的確です。

私は高岡さんの温かな手で首を緩めていただいて

肩が上がっていたのが下がり首が伸び

肩甲骨が正常な状態に戻りはじめ

呼吸が楽になったことを帰り道、感じていました。


カラダが緩むとココロも緩みます。

寒さに弱い私はこの寒さと乾燥と花粉に悩まされ

五月の風の気持ちよさに気づくこともなかったのですが

緩んだカラダとココロに通り過ぎてゆく風は

心地よく優しくすべてに感謝しながら歩いていました。

そんな時はどこまでも歩いていけそうでした。

日本にいる間、高岡さんのところへ通います。


a0261026_1153062.jpg

[PR]
by m-maria-hs | 2014-04-29 11:05 | ココロとカラダ | Comments(0)

強者たちと30キロ!

a0261026_16464922.jpg


今朝は30キロ走ってきました!

朝、5時半にチットロムのセントラルからBTS沿いに

チャトチャックパークをまずは目指して!


出発は私の師匠と勝手に思う風小僧師匠、すご早U-コりん、トレイルランナーでもあるいつも爽やかTさん。

四人で出発。プルンチットからチットロム、サイアムと町中を走り抜けて

チャトチャックパークへ。残念ながら写真を撮る余裕はなかったのですが

BTSや車で通ったことある道を走ってゆくのは楽しかった。


チャトチャックパークでトイレ休憩をしていたら

五分遅れで出発したR子さんやK子さんと合流!嬉しい!

そして、チャトチャックパークからロットファイパークに!

昔、ゴルフ場だったのロットファイ公園、芝生の上を走りました。

気持ちよいけどへばりはじめる私^ ^

皆、隣で繋がる公園、三つめの公園は風小僧師匠がデートする公園と言った

蓮の花たちが美しく、緑溢れる美しい公園でした。


帰りは、今度は地下鉄の上を走り抜けてゆきます。

へばる私。途中、猛烈にお腹すき、屋台でパイナップルを買い

しっかり食べ、水も飲み、お腹痛くならず、へばりながら

30.5キロ完走。


ご褒美にR子さんとK子さんとアイスを食べ帰りました。

ちょっとだけ成長した自分に嬉しく、

でも強者たちが一緒に走ってくれたことはとても大きく

いつも感謝でいっぱいです。



帰って、すぐ筋肉痛予防のオイルを塗りセルフケア。

待ってろバンコクマラソン!(^^;;;



[PR]
by m-maria-hs | 2013-10-12 19:34 | 走ること | Comments(0)

a0261026_12321030.jpg



ウルトラランナーであり裸足ランナーのBonita cafeのkさんの繋がりで

裸足ランニングの「新走法で速くなる!裸足感覚ランニング」の著者でもあり

日本ベアフットランニング協会理事長さんの吉野剛さんにお会いしました。

バンコクでは情報誌ダコさんにバンコクベアフットランクラブの

ルンピニ公園でのワークショップの記事が紹介されていました。


吉野さん、ネットで裸足ランニングといれれば

メディアを中心にいろんな記事がでてくる裸足ランニングのマスターです。


たくさんの人の前に立つ人の魅力なのかもしれませんが

とってもチャーミングな目の美しい方でした。

お喋りする時に真っすぐ人の目をずっと見てきちんと向き合ってお話されます。

走ること、運動の知識や経験はもちろんのこと、

思っている以上に「食」についてお話、盛り上がりました。



私はベトナムがベトナム戦争後初めて外国人を受け入れた年にベトナムを

旅したことをきっかけに枯葉剤の被害を目の当たりにし、今に至りNON GMOのこと

勉強し続けているところであり、オーガニックコットンにこだわっているのですが

吉野さんが話してくださることもシューズのことだけでなく食を含め

すべては繋がっているのだと思いました。


a0261026_2050253.jpg




体の声を聴く。

体が持つ本来の機能を取り戻す、自然に帰るってことだと思う。


ガチガチのシューズで守ることでなく、自分の足裏のセンサーを取り戻す。

こうしたら怪我をするだろうって人間が本来持っている危機管理能力も取り戻す。


遺伝子で操作された食品。

原発のこと、薬のこと、これが食べるもの?ってファーストフードのこと、

書きだしたらきりがないほどいろいろな真実があります。


頭、ガチガチになる必要もないけれど、でも本当のことは知りたいと私はいつも思う。


すべてを知ることなんて無理だけれど、私は自分のまわりのことは知ってゆきたい。

知って思いたい。難しいことじゃないよ。

目をそらさなければいろんなこと、見えてくる。


見て、知って、触って、感じて、自分で試してもみる。


大切なことは「知ること」なんだと思ってきた。

知って思うこと。

何が大切で何がどうでもよいことなのかの判断は知ってから初めてできる。

知らなければ何もできないよね。


だから知ってゆきたい。


a0261026_12322436.jpg

[PR]
by m-maria-hs | 2013-08-10 21:11 | 走ること | Comments(0)

a0261026_953275.jpg


今日の本当のタイトルは

「初心者ランナー、タイのスイスをタイ在住日本人トップランナーたちと走る」です^^


バンコクから車で3時間160キロのラチャ-ブリー県スアンプン群へ走りに行ってきました。

ダコさんでも特集組まれていましたが高原リゾート風に開発されているのかな。

タイのスイスと言われているそうですが、あちかった!です。

ロイヤルプロジェクトの農場やら農場体験できるテーマパークもあるそうですが

リゾートの牧場風景を眺めながら24キロ走ってきました。


できることならハイジになってスイスのほうを走りたいなぁ。


ヨレヨレの初心者ランナー、トップランナーたちの走り、まじめに観察。

UTMBのTDS(Sur Les Traces des Ducs de Savoie)を今月走る方や

STY走った方もいらっしゃるし、いつも走ればトロフィー片手で二コリの方たちと

ともに走らさせてもらいました。


最初は快調に進み、いつも最初はよいのですが後半バテバテ(+_+)

アスファルトの道を炎天下の中走るのは初めての体験。

山々だから坂道多く、後半、またいつものお腹が痛い。

それにずっとアスファルトだから照り返しがあるのに

途中からいつものようにお水も飲めなくなってくる。


なのに、みんな涼しい顔して走ってる。


そして、最後残すところあと5キロくらいか、なんと気持ち悪くなってきたTT


風小僧師匠と、永遠の少年M師匠がもう車に乗ったほうがよいと言うけれど

ここであきらめるのは悔しいとあきらめられなかった。


風小僧師匠が人生はまだ長いって、なんかオチ言うのかなと待っていたけど

本気に言ってくださったダジャレがお好きな師匠。

二人の師匠に言われたけどやっぱりあきらめられないと走り続ける。


息が過呼吸になったのか、息も途中でおかしくなったり

本当に気持ち悪くなったり、そしてとどめはデトックス。

泣けてきて、涙と汗と鼻水と体中塩で24キロクチャクチャ^^;;


最後まで励ましてもらい、本当にふらふらになりながらゴール。

皆さんには本当に本当にいつも感謝しています*

みほりんもいつも一緒に*


トップランナー皆さんはいつものように走り終わっても涼しい顔。

本当にみんな素敵すぎるモンスターみたい^^

私の最大の謎。

なぜこんなに体力があるのだろうって。何が違うのだろうか?って。



そして、帰り道、もう吐き気止まらずゲロゲロしながら帰り

その日は夜中までゲロゲロ。

次の日の昨日は吐き気おさまったけれど激しい頭痛。


今日はまだ少しフラフラしてる。

今日は夕方からしっかり走るぞ~と思ったけどお昼に友人とパスタを半分食べたけど

あとは何も食べれず。夜ご飯は果物だなぁ。

筋肉痛なんてまったくないのに胃がダメ。


このままだと長い距離を走りきれないと、身体、しっかり食から変えてゆくことを決めた。

どこまで変わるのかわからないけれど、まだまだ変われる可能性はあるだろう。

ジェルとかでなくきちんとした食生活。食物から取るエネジーフード。

自分の体に合うものも考えたい。


体、弱いし、病歴書いたら誰にも負けない、こちらは一等賞になれる確立の私が

走れるランナーにどこまでなれるか、自分で試すっておもしろい。

食、メンタル、練習、普通よりヨレヨレの人がどこまで変われるか

食生活変えて、アロマやレメディ取りいれて、もっと練習して、まだ変われるチャンスあると

思うとウキウキしてくる。

タラウマラ族と競争しようってわけじゃないんだからね(*^^)v


食べることは生きること。

走ることも生きること^^

しかし、なんで走ってるんだろうと思うけれど走れない自分に悔しくて

どこまで変われるか走れるようになれるのか、やってやろうと生まれて初めての努力です。

結構、凝り性のワタクシ☆



もちろん仕事もしますよぉ。

仕事も日本で嬉しい知らせがあり、実現したら嬉しいな*


新月の日の撮影も素敵な撮影になるな*


そして、日焼けしたら、これを読んでスパへGO!!!

「キレイを叶える週末バンコク♡」

素敵女子のタイ料理ライター、ルイさんとTom☆Yamさんたちが作った

きれいを叶える案内本!

バンコク伊勢丹・Kinokuniya書店で絶賛発売中ですよぉ~!!!


a0261026_21282471.jpg









[PR]
by m-maria-hs | 2013-08-05 22:00 | 走ること | Comments(0)

パタヤマラソン2013

a0261026_873796.jpg


パタヤマラソンハーフ走ってきました。

走った夜、知恵熱をだしましたが、筋肉痛予防のオイルのおかげで

足のダメージはないけれど肩こりひどく筋肉ないのだなって反省中。

友人たちが記事をUpしないので完走できてないのかメールをくれるので

完走報告です。

あまりにリアルなのでなんだか書けません。


下の写真はロックバンド、Body SiamのボーカルToonさんと。

昨年はペプシのCMに、今はターミナルのショウウィンドウに!

ふたつの写真は一緒に走ったミホりん撮影。ありがとう!

走ったあとお腹も痛く、背中がまるまってる私。情けない!

次回までまたしっかり練習してもっと頑張ります^ ^



昨日は自分の洗礼名のお祝い日でした。また一年。

ひろりんが自分のためにお祝いしてと、うん、そうでした。

だけど私の霊名を知って心に留めてくださった方のお祈り感じました。

ありがとうございます^ ^


モデルのAyanoもお誕生日おめでとう!



a0261026_873963.jpg

[PR]
by m-maria-hs | 2013-07-23 09:00 | 走ること | Comments(6)